「 月別アーカイブ:2017年06月 」 一覧

小林せかいさんの「未来食堂」の理念にめっちゃ共感しています

2017/06/30   -仕事

小林せかいさん、今、最も注目している人です。 誰もが受け入れられ、誰にもふさわしい場所。 目的は消費ではなく、コミュニケーション。 自分はつなぎ役、次の誰かにつながって新しい動きができたらいい。 食堂 …

21世紀の松下村塾でWordPressの構築についての勉強会

2017/06/30   -仕事

5月1日に「21世紀の松下村塾」を開塾したことをお知らせしましたが、昨日は、塾でWordPressの構築についての勉強会を行いました。 受講生の実物サイトを見ながら、起業から今日までの苦労話、ビジネス …

障害者雇用で働くことができている理由は、自分の強みを発揮できる職種を選んだから

2017/06/28   -仕事

障害者雇用で安定して働くことができている理由、障害者雇用で働き始めた私が、過去を振り返りながら今思うこととは? ・自分の障害特性を含めて自己分析を納得するまで行い、自分の強みを最大限発揮できる職種を選 …

特別支援学校は、頑張るため、我慢する訓練の場ですか?

2017/06/28   -教育

働くことで得られる喜びとは何なのか? 学ぶ楽しさは、一人ひとりが違います。 進学も就労もゴールではなくスタートです。 働くことで得られる「報酬」とは、お金だけではありません。 人としての役立ち感、存在 …

松江の吾郷さんが子どもの居場所フリーダスを作った理由

2017/06/24   -教育

結局、親の会が、自分の思いをいちばん出せて、共感してもらえて、そして、広い視野で考えられて、よかったですね。ほかの人が語っていることで、自分が気づくこともあるし、毎月の例会が待ち遠しくて、1カ月が長か …

やりたいことが見つからないのは、好きなことをやらせてもらってないから

2017/06/23   -暮らし

やりたいことが見つからないのは、好きなことをやらせてもらってないから。 人生をつまらなくさせているのは、自分の好きなことをしていないから。 自分で自分に「しない」「させない」言い訳ばかりしているから。 …

「不登校を許さない社会」が子どもたちを追い詰めた

2017/06/22   -教育

フリースクールへ通っているのは、学校へ行っていない子どものうちのごく少数。 1つ目は、フリースクールの数が足りない。 2つ目のハードルは経済的な理由。 3つ目は、心理面のハードル。 学校へ行くのはハー …

改正児童福祉法と児童相談所による子供の拉致まがいの一時保護を考える

2017/06/22   -暮らし

6月14日に児童虐待へ司法の関与を強化した「改正児童福祉法」が参院本会議で全会一致で可決、成立しました。 児童虐待、家裁も関与へ 改正児童福祉法など成立 これにより、家裁の「お墨付き」を得て、児相が保 …

やりたいことが見つからない人は家へ来てください

2017/06/21   -暮らし

最近読んだおすすめの3冊。 自分の教育観、仕事観、人生観とほぼ一致しています。 ◆目次◆ これから新しいことを始めるあなたへ──まえがきにかえて 序章 未来食堂とは 第1章 何かを始める前、知っておき …

教育機会確保法には欠陥あり、すべての子どもが安心して学べる環境を作る必要がある

2017/06/20   -教育

NHKの解説委員も何も分かっていません。 この法律をちょっと読むと、子どものことを考えているように思えます。 しかし、この法律には欠陥があります。 「休んでもよい」というのは支配する側からの一方的な命 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク